埼玉⇔神奈川間 首都圏の引越しで安い業者はどこ?

1人暮らしならば、出費は1人分で済みますが、結婚して2人になると、生活費も2人分かかります。子供が生まれれば3人分かかります。このように、人は、数が増えれば増えるほど、お金がかかっていきます。商売の世界でもしかりです。従業員が1人しかいないならば、給料も1人分で済みます。しかし、2人になったら、2人分の給料を支払わなければなりません。

 

逆に、顧客の立場でも同様のことが言えます。例えば、引越し作業のとき、作業員が1人ならば費用に含まれる人件費も1人分で済みます。しかし2人ならば、人件費も2人分かかってしまいます。具体的に埼玉と神奈川の引越しを例にとって見てみると、単身プランでは20,000円から60,000円、夫婦プランでは30,000円から80,000円、家族プランでは40,000円から100,000円というところが相場です。同じ引越プラン内でも、3倍前後の料金の開きがあるのです。


 

特に引越しの場合は、人件費が露骨に料金に反映されてしまいます。だからこそ、作業員の数をなるべく減らす工夫をすれば、引越し費用はかなり安く抑えられます。例えば、荷物の量を減らすことです。引越しするときは、荷物をまとめる過程で、色々と要らないものが出てきます。要るか要らないか判断できないものは、恐らく一生使わないものですから、引越しを機に廃棄してしまうのが良いでしょう。どこかで思い切った廃棄をしないと、引越しのたびに荷物が増えていきます。処分して荷物の量を減らせば、作業員の人数を減らすこともできるのです。

 

また意外な方法としては、引越し当日は依頼主が作業を手伝う旨を、あらかじめ業者に伝えるのです。伝えたうえで、作業員を1人減らして欲しいと申し出るのです。良心的な業者は、見積もりの段階でそういう仕組みがあることを言ってくる場合もあります。

 

引越しに限らず、人はどんな場面でも、人数に応じたお金がかかります。これを基本に据えておけば、あらゆる場面で節約ができるようになります。

 

利用は無料♪ 最短1分で優良格安業者が見つかります!

紹介件数が1,000万件を超えている実績あるサービスです

 

 


埼玉−神奈川の引越し 料金相場と安い業者探しのガイドNo.1はコレ関連ページ

東京
横浜市
川崎市
相模原市
千葉
船橋市
栃木
茨城
山梨
群馬