引越し業者による荷物の破損や紛失について

引越しのトラブルには荷物のキズや紛失などがありますが、大きな家具や家電を搬出、運搬、搬入するのですから一番起こり得るトラブルではないでしょうか。引越し作業員は最善の注意を払って作業をしますが、完全にこのような事故を防ぐことはできません。では引越しの依頼者はどのような点に注意すべきなのか考えてみましょう。

 

依頼人は荷造りする前に、搬送する荷物の写真を撮っておくと後にキズなどが見つかった時に、話がスムーズに運びます。または荷づくりの段階で立ち会い、荷造り前の荷物を作業員と一緒にチェックするようにしましょう。また作業員が荷造りをしている時とか運び出す時に気付いたことがあれば伝えてもらうようにしてください。

 

作業中にキズをつけたり、破損したりした場合は、作業員は事故を認めても、修理や補償等の詳細を判断できないので、引越し業者の見積もり担当者や事故クレーム担当者に連絡してください。業者の対応としては、修理が可能な物は修理を行い、修理の不可能な物は、代替品または金銭で補償することが普通です。引越し後にキズなどを見つけた場合には、速急に業者に連絡してください。契約書に補償期限が記してあるので確認してください。

 

荷物の紛失という事故は頻繁に起こるものではありませんが、それを防ぐために、荷物の搬出が終わった時点で、押し入れの中とかバルコニーとかを確認しましょう。引越し後は荷物の数やトラックの中を見させてもらい荷降ろしの忘れが無いか確認してください。