引越し業者の追加料金について

引越し業者は引越し当日に見積り書に記載されている引越し料金以外の追加料金を請求することができません。しかし、引越し申込者が業者に対し、引越し元、引越し先と荷物の詳細についての情報を正確に伝えていない場合などに追加料金を請求される可能性があります。

 

引越し元では業者の引越し担当者が見積もりを行いますので、荷物を運び出す時には特に問題は起きません。しかし新居の状況は申込者からの情報だけなので詳細が分からない場合があります。新居のある場所にトラックが入れない場合やエレベーターが無い建物の高階にある部屋の場合などは、専用車両が必要になることもあり、また作業員を増員させなければなりません。このような場合は、引越し業者は申込者の許可を得てから作業を行いますので、この追加料金の請求は引越し約款により認められています。

 

引越しの見積もりは引越し元のみで行われるので、引越し先の環境により特別な作業が必要になった場合、増員が必要になった場合には追加料金が請求されることもあります。事前に見積り書を確認しましょう。他には、引越し当日になっても申込者の荷造りが終わってなく、業者が荷造りを手伝うことになった場合、結局荷造りが終わりそうもなく引越しそのものがキャンセルになった場合にも、荷造りの別料金やキャンセル料として追加料金が請求されることになります。

 

様々な追加料金があると思いますので、見積りを行った時にどのような場合に追加料金が発生するのかを詳しく説明してもらいましょう。

業者の追加料金@埼玉の市内、県内、県外の引越し 安い費用の業者選び関連ページ

ファミリー引越センター
引越のワショー
七福引越センター
業者による荷物の破損や紛失
業者が荷物を積み忘れた場合