引越し業者が荷物を積み忘れた場合は

どのようなサイズのトラックを何台使用するかというのは、見積もり担当者の判断によりますが、時々見積もりを間違うときもあると思います。最近では仕事で忙しいので現場での見積もりが出来ないということで、電話での見積もりやインターネットで簡単にできる見積りもあります。引越し業者では、ベテランの見積もり担当者でなくても出来るように容積換算計算機を使用しますが、荷物のサイズや数量を入力すれば容積に換算できるのでとても便利です。その容積を基にトラックのサイズと台数、作業員の人数などを計算します。しかし荷物にも様々な形があるので、現場での詳細な見積もりを行うことが大切です。

 

実際に現場での見積もりを行わないで引越し業者と契約してしまうと、荷物を積み残してしまうこともあり得ます。引越し業者は、引越約款に定めてあることもあり、引越し業者は見積り書に記してある荷物は必ず運ぶことになっています。見積もりに明示されている荷物を積み忘れた場合とか荷物が見積り書に記載されていない場合は、見積り担当者に連絡しましょう。

 

実際に現場での見積もりを行っていない場合などは、荷物がある場所を全部把握出来ない場合がありますので、荷物の積み忘れなどがある場合がありますので、引越しの依頼者は引越し作業員が荷物の搬出が終わったら、押し入れの中、天袋、ベランダとか家の中をしっかり見て回り、荷物の積み忘れなどが無いかを確認してください。