埼玉県深谷市での引っ越しには

深谷市内の引っ越し経験者の体験談

息子が小学校へ上がる前にマイホームを、との予定で同居、アパート暮らしを経てやっと2016年7月の土曜日にマイホームを建てて引越しをしました。家族は私と主人、子供は年長の息子と0歳の娘の4人です。

 

場所は埼玉県の深谷市で直前まで主人の実家と同居していて、実家の敷地内に家を建てたので自分たちだけで荷物の移動などしました。

 

家具はほぼ家に備え付けなのでテーブルとソファの搬入のみ、家を建ててからの購入だったので業者の方にやってもらいました。今回のを含めて全部で4度引越しをしましたが、アパート暮らしの時は引越し専門業者にお願いしていましたが引越しした月は家賃も含めて移動に15万円くらい飛んでいったのですごく高かったイメージです。

 

もっと安い引越し業者は一括見積もりで簡単に見つかります!>>>

 

 

深谷市での引越しで失敗しないために

お引っ越しは準備にも時間がかかりますし、荷解きにも時間がかかり、労力も必要とします。そのため、なるべく荷物を少なくするのが最も効果的です。しかし、生活に必要なものはたくさんありますから、少なくするというのは難しいです。そのため、一つのダンボールになるべく多くの物を詰める、というのが効果的です。

 

普通は食器を包む場合、一つ一つを新聞紙やチラシなどで包んでからダンボールに入れて、すき間に丸めた新聞紙を詰めて動かないようにする、というのが一般的です。

 

裏ワザとしてまずは新聞紙を1枚大きく広げ、中心にお皿などの食器を置きます。その上に、4分の1程に切った新聞紙を置きます。その上にまたお皿を置きます。下に敷いた新聞紙がはみ出ている分を、上のお皿に折り返します。その上にまたお皿を置く、という作業を繰り返します。

 

最後は、最初に敷いてあった大きな新聞紙で包みます。これをダンボールに入れるのですが、ここでも引越しを単身で行う際の裏ワザで、ダンボールの底に、まずはバスタオルやセーターやトレーナーなどの大きめの布製のものを敷き詰めます。その上に、先程の食器を置きます。当然、ダンボールにはまだすき間がありますので、このすき間に、ハンドタオルやフェイスタオル、Tシャツやキャミソールなどを詰めます。梱包材を余分に増やさないようにすると、荷解きの際のゴミも減り、一石二鳥です。

 


もっと安い引越し業者があったらどうしますか?>>>

 

 

 

埼玉県深谷市

埼玉県深谷市は、埼玉県北部にある人口約15万人の市で、利根川と荒川に挟まれた地域に位置しています。北部は、利根川や小山川により、妻沼低地が形成されていて、中部から南部にかけては荒川で形成された櫛引台地及び、江南台地が広がっています。また、櫛引台地の北部には、第三紀層の残丘、仙元山があり、市の南西端、寄居町との境には鐘撞堂山があります。気候は内陸的で、寒暖の差が大きいのが特徴です。

 

また、夏は太平洋高気圧による季節風などの影響で暑く、冬は乾燥した北風吹くので寒いです。全体的に晴天の日が年間を通して多い市です。埼玉県深谷市は、深谷ねぎが生産量日本一で、農業や、チューリップなど、花卉栽培が盛んです。そして、昭和30年代には、市の東部に工業団地が造成されたことから、工業都市にもなっています。

 

最近では、具だくさんの幅広煮込みうどん煮のぼうとうが新たな名産品として注目を浴びていて、彩の国の名産品、深谷牛も注目されています。埼玉県深谷市は、江戸時代から宿場町として栄えた旧中山道沿いに商店街が沢山あったのですが、昭和50年代に造成された上柴ニュータウンに、大型ショッピングセンターなどが建設されたことなどを受け、近年では中心市街地は衰退の憂き目にあっています。

 

埼玉の市内、県内、県外の引越し 安い費用の業者選びと相場目安は一括見積もりが解決します!>>>