埼玉県川口市 引越し料金を安く!

川口市内での引っ越し経験者の体験談

川口市内でのはじめてのひとり暮らしのために引越し

今回は私が初めて実家から出て1人暮らしを始めた時のことをお話しします。

 

社会人2年目を迎えた11月中旬(2014年・当時21歳)、その当時は1人暮らしをしたいという願望はあったものの貯金が一切無く、到底行動には移せませんでした。

 

しかし、母から急な「追い出し命令」が下ったのが私の1人暮らしの始まりでした。

 

貯金がなかったため、間取りは7.5畳の1R(風呂・トイレ一緒)、最寄駅の川口元郷駅から徒歩10分、1Fで家賃は4万円/管理費0円、実家が川口市にありましたが、そこから車で10分の同じく川口市内へ引っ越ししました。

 

予算上引っ越し業者へ依頼することも家電をすべて買い揃えることもできませんでしたが、当時のそのピンチを救ってくれたのは会社の先輩でした。

 

11月末の日曜日、先輩が会社のハイエースで引っ越しを手伝ってくれて、さらには不要になった家電(テレビと電子レンジとオーブントースター)を譲ってくれました。

 

次引っ越すときは今回の反省を活かし、十分に貯蓄をしてから引っ越しをしたいと思いました。

 

もっと安い引越し業者は一括見積もりで簡単に見つかります!>>>

 

 

 

川口市での引越しではどんな業者を選べばよい?

川口市内や市外の引越しは家族でも単身でも、まずは引越し業者をどこにするかということから始まるといっていいかもしれません。これはネットで検索して複数の引越し業者に見積もりを取ってもらい、納得のいく価格で引き受けてくれるところにするといいでしょう。複数の業者に見積もりをだしてもらうことで、相場のようなものもわかりますから、後はサービスなどを参考にして業者を決めるといいでしょう。業者は引越しを予定している一カ月ぐらい前には決めておきたいものです。また、業者には頼まず自分でレンタカーなどを借りてするという方法もあります。 

 

引越しを単身で行う際の基礎知識としては段ボールの調達を考えなくてはいけません。引越し業者に見積もりをお願いすると、見積もり時に段ボールをくれるサービスをほとんどの業者がしていますから、これを利用するといいでしょう。業者を利用しない場合は近くのコンビニやスーパーなどにいくとくれることもあります。 

 

あとは、段ボールに物をつめていけばいいわけですが、割れやすいものはクッションとして新聞紙をいれたりするような工夫もしましょう。同じ場所に置くものを同じ段ボールに入れるといったようにします。段ボールには何を入れたのかマジックで書いておくと後で便利です。 あと、引越しを単身で行う際の基礎知識というほどのものでありませんが、荷物の整理にはかなりの時間がかかりますから、出来るだけ早くとりかかるといいでしょう。

 


もっと安い引越し業者があったらどうしますか?>>>

 

 

 

 

埼玉県川口市

埼玉県川口市は、埼玉県南東部の荒川北岸に位置する人口約56万人の市で、県内ではさいたま市に次いで2番目に人口の多い市です。特例市としては日本で一番人口が多い市です。埼玉県川口市は、埼玉県の中央地域として知られる県南東部にあるJR京浜東北線、高崎線沿線地域のうち、南端に位置しています。北をさいたま市と、西を蕨市と戸田市、東を越谷市と草加市、南東を東京都足立区に接している市で、東京都北区とも接しています。そして、埼玉県川口市の東部地区は、大宮台地鳩ヶ谷支台が南北に走る高台になっています。

 

ただ、それ以外の大半は低地で、低地部分は住宅地などの都市的な機能として、台地部分は畑や樹木畑などの近郊型農地として利用されています。埼玉県川口市は、東京都と県庁所在地のさいたま市に挟まれているのが特徴で、隣接する戸田、蕨、越谷、草加の各市を跨いでいます。埼玉県川口市は、商業基盤が地区によって分割されているので、大型商業基盤はあまり見られません。川口駅や蕨駅、東川口駅などの駅前から周辺に商業地域が形成されていて、主要道路沿いには、ロードサイド店舗が多く見られます。

 

埼玉の市内、県内、県外の引越し 安い費用の業者選びと相場目安は一括見積もりが解決します!>>>